法人税を安くする、知っておきたい節税対策

法人税を節税対策には、節税効果が永久に続くものと一時的なものがあります。節税といいながら、資金が必要な場合もあるため、普段から節税対策をしながら準備をしておく必要があります。

お客様の声から”知る”

税金のことがわからない

法人対策がなぜ必要なのか知りませんでした。これまで金銭的な損をしていることを知ることができました。

節税と脱税の違いを理解する

節税と脱税の違いをしっかり理解してから、節税に務めるよう心構えを持つことができるようになりました。

日頃から節税できる方法がある

日頃からできる節税方法があることを知りました。従業員・役員全員で身を引き締めていこうと思います。

節税したように感じる方法もある

決算前に行うことができる節税方法がありますが、長い目で見ると節税できていない可能性もあることを知りました。

自社の節税方法が他社に合っているとは限らない

自社で行っている節税方法が他社で合うとは限りませんし、他社で成功が自社で合っているとは限らないことを知りました。

アプローチ方法は多角的に見よう

指をさす女性

経営者を悩ませる要素や環境は色々ありますが、毎年の法人税という要素も大きいのではないでしょうか。法人税等毎年かかる固定費の類は出来るだけ節約したいと考えるのは経営者として当然のことです。法人税の節税のためにできるアプローチは色々あり、一面だけを見ていては効果的な節税はできません。例えば、節税対策として設備投資をしたり、社内環境を整えたりという方法があります。社員教育を効率的に行うためe-ラーニングシステムを導入する、ウォーターサーバー等を導入する等色々なことが考えられます。ただ、そうした一面だけを見ていては、設備投資できるものがなくなったりして行き詰ってしまう恐れもあります。それがないように、投資の意味合いもある法人保険に加入したり、特別控除等の制度利用をする等、多角的な方法を検討する必要があるのです。

必ず専門家に相談してから実行しよう

女性

色々なアプローチでの法人税の節税ということは大切ですが、実行に移す前に注意しておきたいこともあります。まず、必ず専門家の意見を参考にして実行に移すということをマストにする点です。節税に成功したという実例を見て実行に移しても、それが自社にとって効果的とは限りません。必ず税理士等の専門家の指示を仰ぎ、目的の水準の節税効果が得られるかを見極めましょう。その相談の際にはできるだけ詳細な資料を作り、専門家が分析しやすい状況を作ることも大事です。

実行のし忘れがないようにしよう

相談

また、節税の取り組みの実行し忘れをしないようにすることも大切です。せっかく自社にとって有効とされる法人税の節税方法が分かっても、それが正しく実行されなければ意味がありません。それがないように、チェックリスト等を作成し年度末までに確実に実行しようとする取り組みをする企業も増加傾向にあります。税理士等と企業の税務担当者等が相談し、その企業ごとにカスタマイズされたリストを作り、進行度合いが分かるようにしましょう。法人税節税は経営者から従業員まで、全ての人が意識しなければ実現できません。そうした心がけをすることも、節税において大事になってきます。